FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ルックアップの癖が抜けないもので今日は申し訳ありません。
どだい無理な話、とあきらめたら終わり、です。

何の世界でもトップを極めるのは並大抵のことではありません。

ましてや中学受験の世界で、それぞれの保護者が受験のエキスパートになりたい、

なんて目指しているはずがありません。

とはいえ、どんなジャンルにおいても、トップレベルを意識せずにこれでいいや、

と思ったら、人間、成長は止まります。

とても届かないなあ、届いている人はすごいなあ、少しでも近づきたいなあ、

きっついなあ。これを世間は向上心と言います。

先日、どこかのブログ(ほんとうはきっちり記憶していますけどね)で、

こんな記事を読みました。

いや、そのまま転載しようとは思ってません。

ブログって嘘書いてもいいんですよ。

ほとんどが匿名だから。

でも本名を名乗っていないからって、事実に反することを堂々と書くのは

いただけませんよね。

それを見抜く目を持ちたいと思ってます。

で、裏に意図があるのではなくて、ガチでほんとうのことを書いているのだとすると…。

そうです、女子校の御三家を目指す保護者は、男子校の御三家について無知でいいのか、

ということなんです。

だって、うちの子、女の子だもん。男子校は受けられないもん。

そりゃそうですね。

その方は東京でトップ3の学校を「知られざる強豪校」と書いていましたよ。

プロではそれは許されないけれど、アマだから許される…

だってブログの世界だから。

なーんか、今日は絡みたい気分ですね(笑)。

「そのことは自分と関係ない」とシャットアウトすることで、

確実に見えなくなるものがあります。

「それ」が見えていたほうが、自分の目標の位置がより的確に

把握できると思いますが、進路が南の人には北の方角に何があっても、関知しない。

いやいや温帯から熱帯に向かって南下するなら、熱帯を通り過ぎて、

温帯に到達しますよ。地球上ならね。

いいですよ、見栄だけで、事実と異なることがブログに記述されていても、

「そういうこともあるのかもな」で済ましていくのなら。

自分も可能な限り周囲のブログを読みたいと思ってますが、

一生懸命(ブログを)書いている保護者の方々は、その余裕はないのかも

しれないですけどね。

ランキングを気にして切磋琢磨することで、わが子の合格以外の

何かも得られるんじゃないかなあ、とほんのり、ほんのり思います。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「わが子の頑張りに親としても応えたい」という方はぜひ応援クリックよろしくお願いいたします!

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

ブログテーマ共通 | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する