FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
71位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「首都圏中学受験ネット」メルマガの続編→PART1
いきなりカテゴリ名が「続メルマガ」とは、なんのこっちゃと思われるでしょう。

ここでのメルマガは首都圏中学受験ネット(chu-j.com)で配信していた

メルマガ「首都圏中学受験ニュース」を指します。

御存知の方は少ないかもしれませんが、月イチの15年間で192号発行された伝統ある?

メルマガなのです。ここで編集長コラムと称して、学校選びのAtoZを毎年(毎月)、

手を替え品を替え書いておりました。主軸は入試データ分析と進路実績の分析で

そこからどの学校がどこへ向かおうとしているか、それを受験生が評価しているのかいないのか

を俯瞰した内容です。当然1年(中学受験のサイクルで言えば3月スタート、2月でフィニッシュ)

で繰り返していくことになるわけですが、それが結果的にことしの6月で突然打ち切りとなったわけです。

でも突然6月配信で最終号のゴールを決めて、と言われてもそうもいかないですし、

(実際にはそういう判断はありませんでしたが)年度の半ばで

長い間ご愛読ありがとうございました、のメッセージもなく去ってしまうことになりました。

保護者の読者の方々とはそこまで長い付き合いではないにしても、ちょっと残念に思い、

あらゆる可能性を考え、6月の最終配信で

「個々のケースについての詳細な解説はまた別の機会に行いたいと思っている」

と書きました。(←この時点で完全打ち切りは決定していませんでした)

さてさてこの個々のケースは何かと言えば「進学実績を見て地雷と化している学校」

「意欲的に進学実績を作っている学校とその逆のタイプ」ということです。たぶんこのままの

内容だと「進路データは語る」とかぶってきますから、今後分類はそちらにするかもしれません。

さらにはその後2015年度の生徒の在籍構成から見て「急失速している学校」

「中高一貫という分類が不適切な学校」をテーマとして構想していました。

メルマガ時代も可能な限りネガティブな情報も包み隠さず表現することを心がけていましたが、

広告主(学校)に気をつかわないブログなら、もう少しカゲキな内容になるのかもしれませんね。

とにかくあのままメルマガを続けていたらこういう展開になったはず、という軸を意識して

書き進めるカテゴリーになります。ゆくゆくはこのブログ全体の構成に飲み込まれていく

性格のものですが、尻切れトンボを避ける意味で、当初はこのカテゴリーに定義してみます。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

続メルマガコラム | 10:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する