FC2ブログ
 
■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
85位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ほんとうに難関大合格実績?MARCH「合格率」を斬る!
東京の難関私大がローカル私大化している現実はなかなか客観的な数値で表現できません。

ただカテゴリー「公立中高一貫校について」で、都道府県別の温度差を調べるにつけ、

地方の高校生は、早慶ですらわざわざ上京して進学しよう、とは思わないという傾向が顕著です。

学生が親元を離れない、という現象なのだと思います。

それは少子化の一側面なんでしょう。

そういったご時世の中でこのMARCH(明治、青学、立教、中央、法政)の5大学は

どうやって学生募集をしていこうと考えているのでしょうか?

そして特に私立の中高一貫の中堅校にとって、いまだ昔の感覚で

MARCH=難関大と受け止めている保護者が多いのだとしたら、今はかきいれ時に違いがありません。

学部を増やして、合格者を増やして大学のレベルが落ちないはずがありません。

かつての日東駒専という言葉が死語になっているように

大東亜帝国という略し方も昔あったようですが)

このMARCHという難関私大くくりも近いうちに死語になることでしょう。

というわけで、この一連の記事は「進路実績=校風」の一貫ではありますが、

ここまでは「続メルマガ」に分類しておきます。

つまり「意図的に進路実績を作れるとするなら、

法政大合格者を増やしてMARCH実績を伸ばせ」を実践している、

いや結果的にそうなってしまっている学校を徹底調査、ということになります。

早慶上智に合格力がある余勢をかって、MARCHクラスを確実に撃ち落としている学校か、

ぎりぎり法政大に届いている「難関大」実績かを判別していくというわけです。

この作業をするにあたって、河合塾の大学受験の偏差値(2.5きざみ)を

MARCH各大学の学部別に調査し、区分ごとの平均値を算出しました。

学部によって難易度に差がある場合もあり、大学としての平均値を出すことで

若干の誤差が生じる可能性もあるわけですが、そこは無視します。

その大学の中のもっとも偏差値の低い学部だけを狙う戦略までは見通せませんから

ご容赦ください。

まずはMARCH5大学で、大学平均値で出た差はこんな感じでした。

明治青学立教
中央法政


かなりマニアックかなあ、と思うのですが、今度はここから2015年春の各一貫校の

偏りを算出していきます。

この河合塾データだと、(偏差値の)トップは立教で次位が明治・青学で並んでいますから、

立教が多くて法政が少ない高校と、

法政・中央が中心で立教・明治が少ない高校で明暗が分かれていきます。

もうすでに立教・明治は肯定し、青学は否定する傾向が一部にはっきり出ていますから、

首都圏ローカルと言えども、居住地によってこの5大学はもはや

気持ちの中でも等距離ではないわけです。難易度じゃなく自宅から近い大学に通いたいだけ。

特に青学は相模原キャンパスがネックになっているようです。

続きはちょっと開きますが(11/12夜)の更新で。








にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
「進路実績の読み取り方についてもっと知りたい!」という方はぜひ応援クリックよろしくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

続メルマガコラム | 22:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する