■プロフィール

北城洋一

Author:北城洋一
受験情報誌の編集長として16年。並行して受験情報サイトをプロデュース。その後、2015年夏からフリーに。誰でも当事者のときは必死なのに、過ぎてしまえばすっかり他人事?場合によってはわが子の受験なのに他人事? 最近は学校さえもそんな「ライトな保護者」にあわせて、表面的な誠実さで生徒募集してるとか。利害関係、オトナの事情があるから、誰もそれをストレートには言えないか。ん?言ってみる?

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■since 2015/7/31

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
20位
アクセスランキングを見る>>

■スポンサードリンク

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

進路実績チャート・サンプル比較・フェリス女学院(神奈川女子)編(1)
動きが見られるという点では注目度の高い神奈川女子へと話題を続けます。

中心にいるのはフェリス女学院。それを追うのは洗足学園です。

かつては神奈川女子御三家と言えばフェリス・横浜雙葉・横浜共立学園で、

それを湘南白百合学園・鎌倉女学院が追う展開でしたが、年を追うごとに構図が

変わりました。最後に紹介しますが偏差値でもそれを証明する並びになっていますね。

今回はフェリス・洗足学園・横浜共立学園の3校を並べてみます。

まずは基準となるフェリスから。

P3P11felis.jpg
PCT11felis.jpg

続けて洗足学園、横浜共立学園。

P3P32senzokugakuen.jpg
2CT11-32felissenzoku.jpg

P3P12yokohamakyouritsu.jpg
2PCT11-12felisyokohamakyoritsu.jpg

横浜共立学園は伝統的に難関私大に強みがありますが、フェリス・洗足学園の

上昇ベクトルが図抜けているだけに勢いの差を感じます。

80%偏差値は

四谷大塚がフェリス、洗足学園、横浜共立学園の順に

66、62、58

首都圏模試はフェリス、洗足学園、横浜共立学園の順に

73、73、65

(いずれも初回入試)

洗足学園の偏差値が四谷大塚と首都圏模試で違いすぎますね。

過大評価というよりも首都圏模試では判定が難しくなっている気がします。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 13:30:00 | コメント(0)
進路実績チャート・サンプル比較・栄東(埼玉男子)編
きょうは埼玉男子を栄東を基準にすえて考えたいと思います。

男子バージョンでは他校と揃えるため目盛りを0-150から、0-120に変更します。

P3P45sakaehigashi.jpg

栄東の進路実績を東大クラス・難関大クラスの難易度から推しはかるのは

困難ですが、とりあえず最初に比較の候補となりそうなのは共学校の開智でしょうか。

P3P40kaichi.jpg

チャート比較は値が拮抗しているので重ねを逆にしたものも作りました。

埼玉県内で受験者数一位、二位の学校の比較です。

2PCT45-40sakaehigashikaichi.jpg
2PCT40-45kaichisakaehigashi.jpg

偏差値表だけから選べばまだありそうですが、実績はかなり差があるので

グラフは割愛して、チャートと80%偏差値だけ記載します。

江戸川学園取手、城北埼玉、西武学園文理とチャートのみで比較します。

2PCT45-71sakaehigashiedotori.jpg
2PCT45-89sakaehigashijouhokusaitama.jpg
2PCT45-99sakaehigashiseibubunnri.jpg

男子の初回入試の偏差値(クラス別募集の場合は最難関クラスの値)は

四谷大塚は栄東(東大)、栄東(難関大)、開智(先端特待)、江戸川学園取手、

城北埼玉、西武学園文理の順に

66、56、60、60、52、49

首都圏模試で栄東(東大)、栄東(難関大)、開智(先端特待)、江戸川学園取手、

城北埼玉、西武学園文理の順に

75、68、67、70、60、60

偏差値では拮抗している開智と江戸川学園取手ですが、この下降ベクトルのままだと、

相対的には後者が過大評価と言えそうです。

とはいっても5校とも進路実績は下降傾向。TOP100圏外ですが、大宮開成が

迫っているのでいよいよ下位2校とは逆転が近いかもしれません。

偏差値上はすでに逆転現象が見られています。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 13:30:00 | コメント(0)
進路実績チャート・サンプル比較・浦和明の星女子編(2)
浦和明の星女子も渋谷幕張同様に埼玉県内の学校との比較をしようと思います。

埼玉も本来男女均等に掘り下げるべきでしょうから、男子校・女子校・共学校と

分けたほうがよさそうですね。

今回は浦和明の星女子を中心に淑徳与野と栄東を取り上げ、次回に栄東を中心に

男子が受験可能な学校(共学校・男子校)を拾っていこうと思います。

まずは淑徳与野です。

P3P88shukutokuyono150.jpg

2PCT31-88urawaakenohoshishukutokuyono.jpg

すでに本ブログで紹介したように淑徳与野は現役進学率に特徴のある学校です。

高入生が占める割合が高いので、現役進学率を高入生が牽引しているのかと

思いきや、一貫生の現役進学率もかなり高いようです。

その部分はきっちり押さえておくべきでしょう。

いっぽう栄東。

P3P45sakaehigashi150.jpg

2PCT31-45urawaakenohoshisakaehigashi.jpg

見ての通りです。浦和明の星女子とはかなり拮抗していますが、

この結果は東大クラスと難関大クラスの合計値ということが悩ましい限りです。

この両者の実績差は非公表で、入試の難易度に差があることから推測するしか

ないでしょう。

女子の80%偏差値は四谷大塚は浦和明の星女子、淑徳与野、栄東(東大)、

栄東(難関大)の順に

65、59、69、57

首都圏模試で浦和明の星女子、淑徳与野、栄東(東大)、栄東(難関大)の順に

74、67、75、68

(いずれも初回入試の数値)

栄東の東大I(1/12)はすべて特待合格ですが、栄東A(1/10)との80%ラインの差は

四谷大塚で12、首都圏模試で7…こうなると特待合格を目指して何回も

受験したくなるの人情ですが、特待生合格者の何%が実際に入学しているのでしょうか。

さらに高入生という要素もあるので、意外と先が読めない学校のように思います。

ちなみに栄東・東大I(1/12)の志望者は偏差値が高すぎるせいか、人気がなく

17年入試では男子の4分の1の受験者しかいませんでした。

・東大I(1/12)=278名、栄東A(1/10)=2090名…実質倍率は前者3.0倍、後者1.4倍

でした。



■学校別・最新進路実績推移の一覧・リンク集はこちらから↓
【最新2010-2016】学校別・進路実績7年間推移グラフ・リンク一覧

独自ドメインブログ・こことは別内容→中学受験DEEP-INSIDE 2016-17

最新の2010-2016難関大合格実績推移TOP100ランキング記事はこちら(有料コンテンツ)








コンテンツを整理して利用しやすい環境を整備中です!応援クリックもよろしくお願いします!

にほんブログ村


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

進路実績推移グラフ2011-2017 | 13:30:00 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad